データのお仕事

未経験からデータアナリスト転職するのに必要な資格はひとつ!

データアナリストで転職するときに有利な資格を教えてほしい。

専門職だからたくさんとらないといけないのかなあ。

こんなお悩みにお答えします。

データ分析に関わる資格は、統計から機械学習に至るまで、幅広く存在します。

しかし、本当に転職で必要なのはたったひとつです。

ahilog

結論からいいます。

統計検定2級を目指してください!

その他の資格は、僕の転職活動中に必須要件だったものをみたことがありません。

今からその理由を説明しますね。

データアナリスト転職に有効な資格「統計検定」について

統計検定とは何か

統計検定とは、日本統計学会が公式に認定している資格試験です。

「統計検定」は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。
データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。
日本統計学会は、国際通用性のある統計活用能力の体系的な評価システムとして統計検定を開発し、様々な水準と内容で統計活用力を認定しています。

統計検定公式HPより(https://www.toukei-kentei.jp/about/

総務省や文部科学省はじめ、多くの省庁にも後援されている検定となります。

内容はデータの読み方のような初歩的なものから、実務レベルの理論数学まで幅広く設定されています。

ahilog

確率や積分の計算が出来る必要があるので、高校数学レベルまでは復習が必要ですね。

統計検定には4級から1級まで5段階の階級が設定されています。

その中で、統計検定2級は転職で要件に入ることも多く、データアナリストの登竜門ともいえます。

そのレベル感をここから説明していきますね。

統計検定2級のレベル

統計検定2級のレベルは「大学基礎教養課程」とされています。

グラフの読みときだけではなく、有意差検定や予測モデルなどの応用範囲も含まれます。

高校数学範囲でいえば、微分積分・行列は最低限必要になります。

暗記でも対応できるレベルですが、ちゃんと理解するためには復習しておいたほうがいいです。

統計検定2級レベルを理解していると、基本的な分析における統計は使えるとみなされます。

データアナリストの求人を見ていても、歓迎条件に「統計検定(2級程度)」というのがチラホラ見受けられます。

ahilog

データアナリストに求められるスキルセットは「データ集計技術」と「統計処理」です。

統計処理の部分は統計検定2級を取っておけば問題なくクリアできるでしょう。

統計検定2級取得に使える参考書については、下記記事にまとめてあります。

【統計検定 2級】オススメの参考書をご紹介します

続きを見る

未経験のデータアナリスト転職で「統計検定」以外の資格が不要な理由

「データ分析 資格」などで検索すると、他にもたくさんの資格が出てきます。

データアナリストに役立つ資格5選

・統計検定
・情報処理技術者試験
・オラクルマスター
・OSS-SB技術者認定試験
・データスペシャリスト試験(DB)

レバテックキャリア公式HPより(https://career.levtech.jp/guide/knowhow/article/149/

データアナリストとして働く僕個人の意見ですが、これらの資格は統計検定を除き、最初は不要だと思います。

理由は大きく3つあります。

必要なスキルセット

  • スキルチェックが行われるから
  • 実務経験なしでは取得が難しいから
  • 実業務におけるデータ活用経験を問われるから

スキルチェックが行われるから

データアナリストはビジネス系ながら技術職でもあるので、一定のスキルチェックがあります。

スキルチェックの内容は過去に記事にしているので、ぜひ参考にしてください!

データアナリスト転職のスキルチェック方法3パターンを解説します

続きを見る

面接官は資格は資格でしかないことを知っているので、基本的にはスキルチェックを通して実力を判断します。

いくら資格でPythonやSQLを取っていても、その場で回答できなければ意味がないわけです。

資格試験の対策をしすぎると、知識偏重になってしまいですよね。

資格対策をするよりも、SQLやPythonを書くことに慣れましょう。

実務経験なしでは取得が難しいから

データ系の資格は「データベース」などインフラのものが多いです。

そして、インフラの資格は実際に保守運用をしていないと、勉強効率が悪いと思います。

インフラは実現場で運用してこそわかる感覚というものがある領域です。

未経験で知識だけ集めるのは至難の業です。

実業務におけるデータ活用経験を問われるから

データアナリストの転職では、ビジネス職としての素養も見られます。

そのため、実際に現場でどのようにデータを使って改善したのかを聞かれます。

ahilog

データ分析はSQLやPythonを書くことだけではありません。

Excelであってもデータであることに変わりはないんですよね。

僕は、本質的には世の中皆様全員データアナリストだと思っています。

資格取得を目指すよりも、日常仕事で使うデータ(数字)とにらめっこして、業務改善を試みてください。

それこそがデータアナリスト転職では「実績」とみなされるんです。

まとめ:未経験データアナリストに必要な資格とは

いかがでしたでしょうか。

データアナリストになりたい!という皆様、

SQLやPythonなど「エンジニア力」と資格に執着していませんか?

実際は、データアナリストに求められる技術力はそこまで高くはありません。

以下の3点くらいを抑えておけば大丈夫ですよ。

必要なスキルセット

  • 統計がわかること(統計検定2級以上)
  • 最低限のSQL / Pythonにおける集計力
  • 業務でのデータ活用・改善提案経験(ExcelでもOK)
ahilog

統計力だけは面接でチェックが難しいので、統計検定を取っておくとおすすめです。

僕も統計検定2級を取ってから、自信をもってデータの説明ができるようになりました。

最低限のデータ集計については、僕のブログでも連載記事にしています。

もしよかったらチェックしてみてください。

合わせて読みたい

  • この記事を書いた人

yutasukun

京都橘高校からの史上初東大受験・現役合格を成し遂げ 「リアルドラゴン桜」として横断幕が出たことアリ。 そんな過去の栄光も虚しく10年が経過。 今はデータアナリストとして汐留の広告代理店で バリバリはたらく毎日。

-データのお仕事

© 2021 ahilog Powered by AFFINGER5