データを学ぶ 統計検定

【統計検定 3級】1変数グラフの種類と使い分けについて解説します

なんとなくグラフを作っているけど、合っているのかわからない。

状況別に正しい使い方を知りたい。

このようなお悩みにお答えします。

ahilog

このシリーズでは、今注目されている「統計検定」に準拠しながら解説していきます!

今回の記事の内容は以下の通りです。

統計検定3級の入門の内容なので、ひとつずつ說明していきますね。

グラフは内容が多いので、変数が1つの場合と2つ以上の場合に分けて作ります。

この記事の内容

  • 有名な1変数グラフの種類を理解する
  • 正しく1変数グラフを使い分けられるようになる

はじめに:1変数グラフとはなにか

1変数グラフとは、見るべき指標が1つのグラフを指します。

棒グラフや折れ線グラフ・帯グラフ円グラフなどがこれに該当します。

ahilog

仕事などでも一番良く使うグラフなのではないでしょうか。

2つ以上の数字をグラフにする「散布図」や「バブルチャート」は次回の記事で解説します。

グラフの種類と使い分けに正解はあるのか

実は、グラフの使い分けには答えはありません。

この場合は必ずこうしなければならない というものがないのです。

ahilog

一方で、違和感のあるグラフ化は存在します。

つまり、やってはいけないことが存在しているのです。

色々な記事を見ましたが、「量は棒グラフ・割合は折れ線グラフ」という説明が上位にきています。

次の検索順位では「カテゴリごとに比べるのは棒グラフ・推移を見るのは折れ線グラフ」という説明もあります。

このように、グラフ化においては、明確な答えは存在せず

やってはいけない表現がある という方が正しいのかなと思っています。

この記事では「やってはいけないこと」と「推奨される表現」について考えてみました。

グラフ化するときにやってはいけないこと

質的データを比べるのに折れ線グラフはNG

例えば、Aさん・Bさん・Cさんの成績を比較するのに折れ線グラフはNGです。

なぜなら、折れ線グラフは「変動を見るため」のグラフだからです。

ahilog

AさんがBさんになることはありません。Cさんにもならないです。

このような場合に折れ線グラフはNGです。

横軸に質的データを使いたい場合は、棒グラフを使ってください。

質的データ・量的データについては下記記事を参考にしてみてください。

【統計検定 3級】データの種類の違いを解説します【質的・量的データ / 尺度】

続きを見る

例:生徒のテスト点数の場合

構成比を見るのに普通の棒グラフ・折れ線グラフはNG

足し合わせて100%になるものは、ひとつの軸で見る必要があります。

ahilog

男女比をグラフ化したい場合に、男性・女性それぞれで棒グラフ化してはいけません。

構成比率を見るのだから、軸が2つ以上になるのはおかしいですよね。

構成比率を見るときは以下の2つのグラフでないといけません。

構成比をグラフ化するなら

  • 1つの事柄の構成比が見たい
    →円グラフか帯グラフを使いましょう
  • 複数の事柄の構成比が見たい
    →帯グラフを使いましょう
例:イベント参加者の男女構成比の場合
ahilog

棒グラフが縦棒グラフか横棒グラフかは好みです!

ちなみに、人間は角度を認識するのが苦手です。そのため、円グラフを使うのは好ましくないという意見もあります。

興味の有る方はコチラのURLも見てみてください(データ可視化のアイデア帳「それでも円グラフをつかいますか?」))

まとめ:1変数グラフの種類と使い分けについて

いかがでしたでしょうか。

本記事では1変数グラフの種類と使い分けについてまとめました。

ahilog

この記事でお話したように、グラフ化には正解があるわけではなく、一部不正解があります。

不正解のグラフを作らないように注意すれば、必ず言いたいことは伝わります!

この記事では、現場や仕事でよく使うグラフを中心的にまとめました。

統計検定3級の範囲では、他のニッチなグラフについても出題されるようです。

統計検定にチャレンジしてみたい!という方は、ぜひ参考書の方も読んで勉強してみてくださいね。

次回は少し複雑な、2変数グラフについてまとめますね。

  • この記事を書いた人

yutasukun

京都橘高校からの史上初東大受験・現役合格を成し遂げ 「リアルドラゴン桜」として横断幕が出たことアリ。 そんな過去の栄光も虚しく10年が経過。 今はデータアナリストとして汐留の広告代理店で バリバリはたらく毎日。

-データを学ぶ, 統計検定

© 2021 ahilog Powered by AFFINGER5